遊☆戯☆王 ゲームその他

カードゲーム


劇中に登場した架空のカードゲーム

「マジック&ウィザーズ」を実際の商品としてコナミが発売する

トレーディングカードゲーム。

詳細は「遊☆戯☆王オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ」
 参照。


カードゲーム以外のゲーム

何かにつけてカードゲームのみに注目が言ってしまう

遊☆戯☆王であるが、

劇中にはその他のオリジナルゲームも登場した。


これらはコナミ等のメーカーから実際に商品化されたが、

「デュエルモンスターズ」ほどの人気を得ることは出来なかった。




続きを読む
posted by kei at 10:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯王他

遊戯王カード、天上 探すよ♪


楽しく選んでくださいねぇ〜♪





アニメ第1作「遊☆戯☆王」

1998年4月4日〜10月10日にテレビ朝日系(ただし福井放送は除く)で放映

「遊☆戯☆王」最初のアニメ化作品。

全27話。アニメーションの老舗東映が制作を担当。

基本的に原作の展開をなぞっているものの、
原作の持つブラックな雰囲気を子供向けに緩和したことや、
東映がアニメ版ドラゴンボール等で盛んに行った、
進展調整のためのオリジナルサイド展開等を多く行ったために

原作ファンが離れてしまい、
さらに裏番組に人気番組「ウルトラマンダイナ」→「ウルトラマンガイア」(いずれもTBS系、ただし一部系列局は除く)があったため視聴率が思うよう
に延びず低迷結局獏良了の初登場となる『モンスターワールド編』を最後に
半年の放送で打ち切られてしまった


遊戯や城之内ら主要メンバーに、
原作では1話限りのゲストキャラとして登場した

野坂ミホがレギュラーとして加えられている。

劇中のカードバトルゲーム「マジック アンド ウィザーズ」が

「デュエルモンスターズ」と改称されたのは本作からであるが、

カード裏面のデザインは原作や商品版とは異なる
(原作のマジック アンド ウィザーズの名残で、
「MW」という絵柄だった)。

視聴率に苦しみ半年打ち切りの憂き目にあった本作だったが、
良くも悪くも少年漫画色を出したオープニングは評価が高い
(特に“闇がもう一人の〜〜”のくだりは、
この曲が本作のために制作された歌だと思わせる)。


また、次作の遊☆戯☆王デュエルモンスターズはカードバトルが
主体だったため、

「こちらのほうが遊☆戯☆王らしい」、
「飽きなかった」、「こちらの方がキャスティングがいい」、
という意見も今ではかなり多い。


とのことですねぇ^^。
posted by kei at 04:31 | Comment(0) | TrackBack(1) | 遊戯王他

テレビドラマ(日本版)『花より男子』より

「流星花園」全24話
第01話 宣戦布告
第02話 お金で買えないもの
第03話 赤札のカップル
第04話 シンデレラのキス
第05話 全てを捨てる女
第06話 二人だけの夜
第07話 真実はひとつ
第08話 帰ってきた男
第09話 裏切りの夜
第10話 守りたいもの
第11話 NY帰りの男
第12話 二枚目の赤札の謎
第13話 命がけの子犬
第14話 定められた道
第15話 恋いしたい女
第16話 広がる心の傷
第17話 素直な気持ち
第18話 二人を包む翼
第19話 幸せへの近道
第20話 冷たい雨
第21話 新たな流星
第22話 つかみとる幸せ
第23話 出口のない愛
第24話 無限の可能性
「流星花園II」全26話
第01話 バルセロナの誓い
第02話 果たされなかった約束
第03話 星君の星
第04話 運命のいたずら
第05話 復讐
第06話 迷宮
第07話 過去への疑惑
第08話 それぞれの旅立ち
第09話 誰かが愛してる
第10話 受け取り手のないケーキ
第11話 再会
第12話 さよなら愛しき人
第13話 彼女に残された時間
第14話 仕組まれた婚約
第15話 最後の賭け
第16話 大切な人のために
第17話 あの頃のように
第18話 素直になれなくて
第19話 ゆがめられた真実
第20話 新たな葛藤
第21話 再び雨の中で
第22話 優しい嘘
第23話 悲しい真相
第24話 君を守る
第25話 心の距離
第26話 約束の場所へ
「流星雨」
第1話 美作あきら編(ヴァネス)篇
第2話 西門総二郎編(ケン)篇
第3話 道明寺司(ジェリー)篇(上)
第4話 道明寺司(ジェリー)篇(下)

テレビドラマ(日本版)
『花より男子』より

2005年秋季(10月〜12月)にTBS系金曜ドラマ枠
(金曜日22:00〜22:54)で放映。

10月21日スタート、12月16日終了。

秋クールNo.1ヒットとなり、

また平均視聴率も2005年放送全ドラマの中で4位を記録した。



原作が全36巻でエピソードが豊富なのにもかかわらず
全9回しかなかった。

一説には当初制作予定だった『のだめカンタービレ』が

原作者の意向を無視したキャスティングを行った事から

原作者の怒りを買い、
制作中止になった事で急遽制作されたとも言われているが真相は不明である

(前番組『ドラゴン桜』の特別編はその繋ぎだとも言われている。

尚『のだめ〜』は
2006年10月16日よりフジテレビ系月曜21時枠で放送が決定)。


その為消化不良の面は否めず、
ファンの間からは早くも、スペシャルやパート2を望む声が高まっている。


(視聴率は関東地区・関西地区)なお、

最終回の裏番組は本田美奈子.にまつわるドキュメント番組だった。


なお、今作品で脚本を手掛けているサタケミキオは
俳優の宅間孝行であり

加藤貴子演じる団子屋の女将・千石幸代が
『かつて愛した男』としても出演している。



ちなみに、「JUNON」では、

松本潤に対する取材、撮影が禁じられているため、
松本を除いて「F3」という形で取材を行った。


しかし、

ついに視聴者の声が届いたのか、来年(2007年)の1月

クールで復活することになった。

続編は、番組ホームページで見たい原作のエピソードを募るなど、

視聴者参加型となる。

posted by kei at 04:48 | Comment(0) | TrackBack(1) | 花より男子

遊戯王に隠された ビジネスとは

概要


ひ弱な少年、武藤遊戯がクライマックスで千年パズルによって闇遊戯(古代エジプトのファラオの魂が宿った状態)へと変化し、悪辣な不良や暴力団、イカサマを使うテレビマンや悪徳名士などの悪党を次々と過激なゲームで叩きのめす様は藤子不二雄A原作の『魔太郎がくる!!』に通じるダークな魅力を持っている。併せて漫画を通じていろいろなゲームを紹介していくというような漫画であったが、劇中に「マジック アンド ウィザーズ」というカードゲームを登場させてから、その凝った設定が人気を呼び、当該カードゲームを再現した商品の発売を機に大ブームを呼ぶ。

スゴイよねぇ〜〜〜〜〜


このカードゲームの人気は単なる漫画作品の
キャラクターグッズという枠を

超えて突出した人気となり、そのせいで

『様々なゲームを駆使して悪を討つ』という

本来の設定が路線変更を余儀なくされ、

『カードゲームに秘められた古代エジプトの神秘の力を巡る戦い』
へと変遷し、中盤以降はカードゲーム専従の物語が展開するようになった


そのため一部のファンからは『カード王』などと揶揄されることもあったが、テレビゲームをはじめとした関連商品も数多く発売され一時代を築いた。



アニメ化に際し、カードゲームの名称が実在するトレーディング・カードゲーム「マジック:ザ・ギャザリング」に酷似していることから、

アニメおよびキャラクター商品においては名称を「デュエルモンスターズ」

と称した(原作者によると、


カードゲームは「マジック:ザ・ギャザリング」をモチーフにしているとのことであり、実際にルールやゲーム進行等で酷似点が多々認められる)。




コナミを中心に原作に登場する複数のオリジナルゲームが商品化された。


またその中でもカードゲームはトレーディングカードゲームとして商品化され、世界中で人気を博している。



アメリカではポケモンを凌ぐ人気となった。



1998年にはテレビ朝日系で東映アニメーション制作による『遊☆戯☆王』、

2000年にはテレビ東京系でASATSU-DK系列のNAS制作による
『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』、

2004年には同じくテレビ東京系でNAS製作による
『遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX』と三度にわたりアニメ化されている。


テレビ朝日版とテレビ東京版はそれぞれ初代/リメイクの関係になるが、

遊戯王デュエルモンスターズGXについては

高橋和希の原作から離れ、主人公や設定が一新されている。




週刊少年ジャンプでの連載終了後、

「Vジャンプ」にて監修・高橋和希、漫画・伊藤彰として


『遊☆戯☆王R』を連載中。



2004年には全米公開用に制作された


オリジナル長編映画『Yu-Gi-Oh! The Movie』

(邦題:『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ劇場版/光のピラミッド』。




なお日本では英語表記部分等を日本語に補正した改訂版が制作されたが、、、

ロードショー公開はされず、関係者と招待客向けに限定上映され、その後TV放送された)が全米2411館で公開され、

週間興行ランキング4位のヒットとなった
(日本映画の全米トップ5入りは、ポケモン以来)。



Box Officeの2004年年間全米興行収入

ランキングでは1976万ドルで年間100位。



日本の劇場用アニメ映画では歴代3位の興行成績である。


表  人格の武藤遊戯が、

裏(闇)人格である遊戯や親友の城之内克也達との



友情を通じての、成長物語としての側面も持つ。


意外な楽しみが詰まっているアニメだ^^。

posted by kei at 07:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯王他

らんちゅう  金魚注意報〜♪

ストーリー 


藤ノ宮千歳は都会の学園に通うお嬢様だったが、


父親の死により財産を失い、
唯一家宝であり幸運を呼ぶピンクの空飛ぶ金魚のぎょぴちゃんだけをつれて

田舎ノ中学に転入することとなる。


その田舎ノ中学は廃校寸前の貧乏中学で、

牛や鶏などの家畜を飼育しているほどの田舎の中学とその中学に通う
奇妙にエネルギッシュな生徒達という環境に、
これまでの生活との激しいギャップを感じる千歳。


しかし、

ひょんなことから弁護士である田中山が父親の遺産をくすねていた事が発覚

し、

千歳は田中山から遺産を取り戻す事に成功する。


短い期間ながら田舎ノ中学とその生徒とに情が移っていた彼女は、


財産を取り戻しても都会ノ学園に戻ることなく


私財を投じて田舎ノ中学を建て直して新・田舎ノ中学とし、


その理事長兼生徒会長となった。

新・田舎ノ中学を都会ノ学園にまけないハイソサエティな学校にしたい

千歳だったが、田舎ノ中学の生徒は相変わらずで、
手を焼く毎日を送るのだった。




登場人物


わぴこ(声:かないみか)

いつも元気いっぱいで、
そこらかしこを走り回っている中学2年生の女の子。

新田舎ノ中学校に制服はないはずなのだが
学校へ来る時は常にセーラー服を着ている。



ピンク色の髪の毛を正面向かって右側でちょこんと結っており、

容姿は中学2年生とは思えない位幼い。


しかし走れば自動車よりも速く、
記憶力は抜群、さらには動物達と会話をする事も出来るという

凄い能力の持ち主なのである。


それでいて性格は極めて純粋で、失敗をしても決してくじけない
前向きさと明るさ、

人・動物関係なく誰とでも仲良くなれる人懐っこさを持ち合わせている。

「はよ〜ん」や「ばいび〜」「〜だよん」といった独特の口調で喋り、


ぽてち・キャルメラといったお菓子類や焼きそばパンが大好き。
誕生日は3月3日、

将来の夢は「郵便屋さんのペンギンになる事」である。


なお生徒会では書記を務めている。




ぎょぴ(声:松島みのり)



藤ノ宮家に先祖代々伝わる
時価数億円の金魚。



名前はピンクのきんぎょだから


空も飛べるし、淡水魚なのに海でも泳げる、
まさにスーパーきんぎょなのである。


飼い主は一応千歳だが、普段はわぴこと一緒にいる方が多い。

ぽてちが大好物。




藤ノ宮千歳(声:高田由美)

新田舎ノ中学校の理事長兼生徒会長。



かつては都会ノ学園に通っていたが、金持ちでなくなったという理由で
追い出される。

その後、都会ノ学園に対抗するため、

廃校となるはずだった田舎ノ中学を数百億円もの父の遺産で再興した。


わがままなお嬢様で気に入らないことがあるとすぐに
理事長命令という名目で生徒たちに圧力をかけるが、

いつも最後にはわぴこたちに説得され容認する羽目に。



しかし
自ら販売を禁止した焼きそばパンを食べて「美味しい」と評するなど、

それ程庶民的なものが嫌いな訳でもなさそうである。

愛称は「ちーちゃん」。




北田秀一(声:塩屋翼)

校内一の成績。


医者の息子である。
生徒会の予算にいつも頭を悩ませている。
葵(声:飛田展男)


校内一の不良少年。


学校をしょっちゅうサボり、
バーゲンにいく。バーゲンには目がない。これを不良の基礎としている。


校長先生(声:宮内幸平)

新田舎ノ中学校校長。
頭に謎の触覚を持っていて、それにより

(?)カタツムリと言葉を交わすことができる。


あだ名の生徒名簿を作ったり、


全校集会での「校長先生の話」でウケを狙って芸を披露してみたり、


遠足で都会ノ中学校の敷地内に勝手に入り率先して缶蹴りを始めたり



とユニークな行動が目立つ人物。




しかし、
校長らしく真面目に教育について考えている面も時々見せる



ドクター大橋と警ちゃんとは仲の良い友達で、

2人には「校ちゃん」と呼ばれている。

得意技は「ぎょーざ!」(耳を折り曲げた格好が餃子に似ている)

菅平由梨香(声:潘恵子)
田中山(声:掛川裕彦)
ドクター大橋(声:平野正人)
文太(声:浦和めぐみ)
三太(声:中友子)
朱子(声:國府田マリ子)
生徒の1人。数学がいつも0点らしい。
溝口先生(声:小林俊夫)
先生とは思えないほど背が低い。千歳のママに初めて声をかけられたときには、「ねぇぼく〜職員室はどこ??」といわれている。
海野民子(声:三浦雅子)
北田秀一に想いを寄せている。かなり賢いほうで、学校でもトップクラスの成績。好きな料理かつ得意な料理は冷ややっこ。
千歳のママ(声:吉田理保子)
病弱。と自分で言っている割には、しょっちゅう新田舎ノ中学を訪問し、悪さばかりする。
ミーコ(声:瀬戸真由美)
イナちゃん(声:中友子)
ウシ子(声:瀬戸真由美)
不良牛(声:掛川裕彦)
ウシ美(声:原えりこ)
不良牛たちのアイドル。秀一に片想いしている。民子とはライバル関係にあたるが、バレンタインデーにはチョコレートを合作して一緒に渡そうとしたりと仲が良い。
マイケル(声:菊池正美)
タカピー(声:松野太紀)
警ちゃん(声:茶風林)
posted by kei at 00:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | きんぎょ注意報!

遊戯王の映画〜♪

ハイ!内容が何だか読めて来たけど。。

映画で遊戯王って見ましたか?

(映画第1作)

1999年公開。東映が制作した劇場用遊戯王の第1作。


テレビ朝日版TVアニメ放送終了の翌年に公開された作品で、スタッフ、キャスト共にテレビ朝日版となっている。


物語は最初の海馬戦の後日談となっており、偶然気弱な少年が入手した

レアカード「真紅眼の黒竜(レッドアイズ・ブラックドラゴン)」を

巡る遊戯と海馬の再戦を描いている。


30分の短編で東映作品らしい健全さが前面に立っているが、

絵柄はTV版に比べて原作の設定に近づき、後のテレビ東京版に近いシャープなものとなっているのが特徴

(カード裏面のデザインが製品版と同じものに変更されていたり、
海馬の髪色がTV版の緑から茶色に変更、デュエル描写も原作に近づく等、
テレビ東京版のプロトタイプ的な作品になっている)。



このままテレビ朝日版が打ち切られなければ、

という『if』を連想させる作品。




Yu-Gi-Oh! The Movie(遊戯王デュエルモンスターズ『光のピラミッド』)



2004年全米公開。

遊戯王デュエルモンスターズのスタッフがアメリカ公開用に製作した劇場版で、

もう一つのピラミッド型千年アイテム『光のピラミッド』を
巡る遊戯達の戦いを描く。

オリジナルストーリーながら映画らしい盛り上がりを持つ
エンタテイメントとなっている。


日本ではタイトルシーンや劇中のカード描写などが日本語版に改訂編集されたものが日本版キャストにより吹き替えられ、
関係者や一部招待ファン向けに上映会が開催されたほか、

2005年1月にテレビ放送された。

この映画に登場したオリジナルカードは、一部を除いて市販化されている。

上映会に参加した人に配布された、

日本語の「ワタポン」のカードは現在でも凄まじいくらいにレートが高く、

ネットオークションでも大抵英語版しか出品されていない。






関連項目
遊☆戯☆王デュエルモンスターズ
遊☆戯☆王オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ
遊☆戯☆王デュエルモンスターズ (コンピューターゲーム)



って知ってたかなぁ〜??

じゃ今日は、、ココマデ^^。

良い夏休みをねぇ〜♪
posted by kei at 05:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯王他

『花より男子』の紹介

『花より男子(だんし)』


12月9日放送バク天


スペシャルのレイザーラモンHGの企画。



レイザーラモンHG・

松本潤主演の『花より男子(だんし)』を
放送するためドラマの撮影裏に潜入。


松本潤の必要な音声と映像を

巧みな作戦により収録。松本とHGのキスシーン(?)HGを後ろから

抱きしめる(?)など。

あとはドラマ本編と収録映像、HGの映像をつなげて完成。


あまりにも編集が上手だったので松本は呆れ

ながらも驚いていた。


その後HGは
みのもんた演じる社長にお茶を

出す社長秘書役として本編にも出演していたが、

手元と後ろ姿が映っただけで顔は映らず、

セリフなし、スーツ姿での出演だった。

「バク天」内では収録光景が放映され、

スーツ姿にHGの帽子とサングラスという格好で、

視聴者を爆笑させた。

タグ:花より男子
posted by kei at 04:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 花より男子

ドラゴンボール EVOLUTION (特別編) ピッコロ紹介その3番目

最新情報
ドラゴンボール EVOLUTION (特別編) [DVD] ~ ジャスティン・チャットウィン、エミー・ロッサム、チョウ・ユンファ、 ジェームズ・マースターズ (DVD - 2009
ドラゴンボール EVOLUTION (特別編) [DVD]





ここから
以下は2006年の記事

ドラゴンボールピッコロまだこれから^^続く

連載終了までの経緯


先の展開を決めず、行き当たりばったり感覚のギャグ路線で

連載が始まったドラゴンボールだが、

連載当初の人気は芳しいものではなかった。


担当編集者の鳥嶋氏に「主人公が地味だ。

だから人気がないんだ」と指摘された鳥山は、



以後「強さを追い求める主人公」というテーマを

ドラゴンボールに持たせることになる。



その発想から天下一武道会が始まり、

主人公孫悟空のキャラクターも確立され、人気も急激に上昇する。




鳥山自身は、当初マジュニアとの決着をつけたところで、

物語の終了を考えていた

(連載終了後のインタビューでは、

「ピッコロ大魔王編が描いていて一番楽しかった」とも言っている)。



確かに第23回武道会編は、

悟空の成長、成長したチチの参戦と結婚、天津飯との決着等


それまでの総決算的内容が多かった。



しかし当時すでにアンケートでは


不動の1位であったドラゴンボールの


終了を編集部がそう簡単に認めるわけもなく、

連載は続けられることになる。



そして、

フリーザ編に突入する頃には、

既にドラゴンボールの人気および経済効果は


一大産業とまで言われるまでに


国際的にも拡大しており、


集英社や本作アニメを制作していた

東映動画の経営にさえ影響を及ぼしかねない規模のものとなっていたため、

もはや作者の一存はもとより、

編集部の意向でも連載を終了させることは


極めて困難な状況になっていた。




その為、
この作品の終了に関しては、


株価にも影響を与えるおそれがあるので、



関係各社でトップ級会議が行われたほどだった。




こうした背景もあって、

結局ドラゴンボールは約10年間に渡る長期連載となった。


最終回は

唐突な感じでやってきたが、



最終ページで


鳥山本人が完結の経緯を説明するなど、最後まで波乱含みの展開であった。






変更された最終回

2002年12月から刊行された完全版では、


最終34巻で魔人ブウ編の終盤数ヶ所と、


最終話に4ページ分


鳥山本人が加筆している。


そのため、先に発売されている通常版と完全版とでは、

最終話のニュアンスが微妙に変わっていて、


鳥山が本来込めた意図が完全版ではより明確になっている



(ちなみに、先に触れた通常版最終話にあった作者による

完結の経緯の説明は、完全版では削除されている)。

ということですねぇ kei 今日は、、ここまで^^。

ドラゴンボールピッコロについて

早探したよ^^楽しさわけちゃうねぇ
ドラゴンボールピッコロ




ドラゴンボール
この項目では鳥山明の漫画について説明しています。

『ドラゴンボール』 (Dragon Ball) は、

鳥山明による漫画作品とこれを原作とする

アニメ作品のシリーズ、及びこれらの作中に登場する

架空の道具(ドラゴンボール (架空の道具)を参照)の名称。


本項ではこのうち漫画作品と関連作品全般について述べる。

概説

原作は、
週刊少年ジャンプ(集英社)にて1984年51号から1995年25号までの間

全519話が連載された。


1990年代に掲載の『SLAM DUNK』と

『幽☆遊☆白書』とともに史上3大漫画としてジャンプ全盛期を築き上げ、


その中でも別格扱い。


当初はギャグ要素を交えた冒険物語だったが、

担当編集者の鳥嶋和彦氏の言葉などにより、

次第に格闘物へと変化。



ジャンプコミックスより単行本全42巻が発売され、

日本でのコミックス単行本総発行部数は

1億2600万部超。




大きなサイズでカラーページも再現した完全版も発売されている。



単行本・完全版・関連書籍を含めた日本国内発行部数は


1億6000万部、全世界では3億部を数える。



連載開始から20年、

連載終了から10年以上を経てもその人気は衰えておらず、

間違いなく「全世界で最も売れた漫画」である。


ちなみに、

完全版・DVD・ゲームが発売された2003年頃から


リバイバルブームが起きている。

先ずは、ここまで〜

ドラゴンボールピッコロについて2番目

連載開始までの経緯


ドラゴンボールは連載が始まるまでに様々な紆余曲折があった。


当時Dr.スランプのネタが尽きかけていた鳥山は、

連載を終わらせたがっていた。

「すぐに次の連載を始めること」という編集部の条件の元、


Dr.スランプの連載を終えた鳥山は、


以前に描いた二つの読み切り作品「騎竜少年(ドラゴンボーイ)」
(フレッシュジャンプ83年8月号・10月号)と

「トンプー大冒険」(週刊少年ジャンプ83年52号)が

好評だったことを受け、


次の連載はこの二つの作品の世界観を更に膨らませたものにしようと考えた。


そうして生まれたのが、
ドラゴンボールである。


実際、「騎竜少年(ドラゴンボーイ)」と

「トンプー大冒険」には



初期のドラゴンボールの雰囲気が色濃く感じられ、




ドラゴンボールの原型とも言える作品である

(二つとも鳥山明○作劇場 VOL.2に収録)。



今日は
まだ^^続く  kei
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。