花より男子 DVDについて

花より男子
アニメ
『花より男子』(はなよりだんご)
『花より男子』(はなよりだんご)は、

集英社の月刊少女漫画誌「マーガレット」で


1992年から2004年まで連載された神尾葉子の少女漫画作品である。

単行本全36巻、現在完全版が刊行中。

第41回(平成7年度)小学館漫画賞受賞。


概要

同社発刊の「マーガレット」の屋台骨として、


長年に渡り根強い人気を博したが、

2004年にその連載を終了した。


裕福な生徒の多い学園に何故か紛れて入学してしまった、

貧乏少女の奮闘と恋の物語である。




連載期間が長かった事も有り、

そのファン層の年代は幅広い。日本では映画化、アニメ化、


そしてテレビドラマ化もされ、台湾でも『流星花園(りゅうせいはなぞの)』の題名でテレビドラマ化もされている。


英語表記もそのままMeteor Garden。



2005年9月の時点で発行部数4800万部と

少女漫画歴代2位の売上げを誇っていたが、

日本でのドラマの大ヒットを受け、

同年12月には発行部数を5400万部まで伸ばし、


ついに日本一売れた少女漫画となった。



なお、
2005年12月9日発売の「マーガレット」本誌において、


2006年中に続編を描くことを作者が明言し、


同誌2006年15号(2006年7月5日発売)に読みきり



形式で発表されることになった。





あらすじ


名門の筋やら素封家やらの子弟が入学する事で知られる英徳学園高校に、


何の因果か入学してしまった一般庶民の牧野つくし。


学校はF4(Flower 4―“花の四人組”)を


名乗る道明寺司・花沢類・西門総二郎・美作あきらに牛耳られていた。


F4は世界でも通用するぐらいの大富豪の御曹司。


F4に逆らえる人は1人もいなかった。

ある日、友達を守る為にF4に刃向かったつくしはF4に赤札を貼られ、


学校全体からいじめのターゲットにされてしまう。



しかし正義感の強いつくしは“やられたらやり返す、


それがあたしのポリシー!”


とばかりに立ち向かって行く。



道明寺司は牧野つくしのことを好きになってしまい、


それからはつくし一途でそればかり。




…いじめられ続け騙され続けた牧野つくしの人生が


このF4によって変わり始めた。



激貧の牧野つくし、大金持ちのF4、


この正反対な人達が生み出す恋愛ストーリー。

CDブック

1993年に第一弾発売。以降第三弾まで発売。
その他の作品と異なり、花沢類が主役になっているのが特徴。

実はこれが木村拓哉の声優デビュー作でもある。
キャスト

牧野つくし:横山智佐
花沢類:木村拓哉
道明寺司:西尾拓美
西門総二郎:飛田展男
美作あきら:子安武人
藤堂靜:島津冴子
青池和也:伊崎寿克






実写映画
『花より男子』


1995年、東映・フジテレビ制作・楠田泰之監督・梅田みか脚本。


当時の人気アイドルを主演に迎えた

「ぼくたちの映画シリーズ」第一弾として制作された。



【一般市民(パンピー)】のつくしが【高飛車(タカピー)】の

人間が集う大学に入ってしまい、


F4などとの奮闘記が描かれている。



作品中で道明寺と結ばれ、

ダンスライブ(trfが出演)のエンディングで物語が完結している。

併映作品は金持ちお嬢様が主人公の「白鳥麗子でございます!」で、


内田有紀と松雪泰子(白鳥麗子でございます!主演)を並べて


パンピー・タカピーと対比させた広告が展開された。

キャスト
牧野つくし:内田有紀
道明寺司:谷原章介
花沢類:藤木直人
西門総二郎:佐伯賢作
美作あきら:橋爪浩一
藤堂靜:江黒真理衣
山野美奈子:藤原紀香


テレビアニメ
『花より男子』

1996年9月8日から1997年8月31日まで、

朝日放送・テレビ朝日系列、全51話。制作は東映動画。


各キャラクターの声あてには、本業の声優ではなく実写俳優を起用している。前枠はご近所物語、後枠は夢のクレヨン王国。


スタッフ
原作:神尾葉子(集英社「マーガレットコミックス」刊)
企画プロデューサー:株柳真司(ABC)・堀内孝(ASATSU)・関弘美(東映動画)
製作担当:風間厚徳
シリーズ構成:影山由美
キャラクターデザイン:馬越嘉彦
美術デザイン:行信三/ゆきゆきえ
音楽:大島ミチル
プロデューサー:大野逸雄(ABC)・笹田直樹(ASATSU)・藤岡和実(東映動画)
シリーズディレクター:山内重保
製作協力:東映
製作:ABC・ASATSU・東映(東映動画)

キャスト
※いずれも声の出演。

牧野つくし:持田真樹
道明寺司:宮下直紀
花沢類:山本耕史
西門総二郎:赤井田良彦
美作あきら:望月祐多
藤堂靜:今村恵子
青池和也:家富ヨウジ
松岡優紀:飛松加奈子


花より男子 韓国ドラマ



アニメ映画
『花より男子』

1997年、東映アニメフェア内で上映
テレビドラマ(台湾版)

花より男子 台湾版

『流星花園 -Meteor Garden-』(りゅうせいはなぞの)

2001年、台湾で制作されたドラマ。


日本の地上波テレビでも東京MXテレビなど、ローカル局で放送された。


衛星波(BS・CS)でも、BS日テレとホームドラマチャンネルで放送された。
登場人物や基本的な設定に変更はないものの、

舞台は、原作とは異なり、大学となっている。

(原作では高校)コミックスでは多少原作とは異なるものの、

主に1〜29巻までのストーリーがドラマ化されている。


また、このドラマで登場人物の【F4】を演じた4人がグループを結成し、F4として活躍している。


このドラマの続編として番外編『流星雨』のほかに、

台湾オリジナルとして『流星花園II』が製作されている。

主なロケ地はスペインのバルセロナ。
posted by kei at 06:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 花より男子

きんぎょ注意報! らんちゅう

『きんぎょ注意報!』

きんぎょ注意報

(きんぎょちゅういほう)は、
猫部ねこが「なかよし」で
1989年-1993年にかけて連載した少女漫画。


通称「きん注」です。




概要

2005年には読み切りの


『きんぎょ注意報!リターンズ』が


なかよしに掲載された。



1991年1月12日-1992年2月29日にかけては
テレビ朝日系でアニメ化され、
土曜日の午後7時から30分間放送されていた。全54回(全108話)。



漫画(原作)


都会育ちの学園に通っていたお嬢様と


田舎育ちの中学校に通う中学生達の文化的落差から生ずる様々な

軋轢を極端なまでに誇張し描いている。



場面によって登場人物がめまぐるしく頭身を変えたり、

駆け足が「渦巻き模様」になったりするなどの演出が特徴的。


人だけではなく、動物のキャラクターも多数登場する。


人と共に授業を受ける牛や豚・鶏が存在したり、


ピンク色の空飛ぶ金魚が存在したりするなどの非現実的な部分と、

スーパーの特売、
貧民パンなどの現実的な庶民的世界観が混在している。


漫画は前半は少女漫画と
ギャグ漫画のギャップで笑いをとるという話が多く、



後半になるにつれ絵、
内容ともにギャグ漫画となっている。



基本的には
少女漫画であるという事さえ意識しなければ、
性別に関係無く楽しめる作品。



ちなみに、ポテトチップスが広く「ポテチ」と

略して呼ばれるようになった経緯にも一役買っている。





アニメ

原作に比べ、アニメ版は若干ギャグが強くなっている。


ただそれ以外はほぼ原作に忠実で、
当アニメで初めて「きんぎょ注意報!」という作品を知り、

きんぎょ注意報!が好きになったという女性ファン、
男性ファンも少なくない。



演出面ではキャラが困った時などに
頭から巨大なしずくマークを出して困っている様子を表現する

という手法をアニメで初めて使用した作品とされており、
後のアニメ作品にも少なからず影響を与えた。


なお、この作品の後を受け継いで放映された同じなかよしの

美少女戦士セーラームーンは原作に比べて、
ギャグ要素が強く押し出され人気を博す事となる

posted by kei at 06:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | きんぎょ注意報!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。