遊戯王に隠された ビジネスとは

概要


ひ弱な少年、武藤遊戯がクライマックスで千年パズルによって闇遊戯(古代エジプトのファラオの魂が宿った状態)へと変化し、悪辣な不良や暴力団、イカサマを使うテレビマンや悪徳名士などの悪党を次々と過激なゲームで叩きのめす様は藤子不二雄A原作の『魔太郎がくる!!』に通じるダークな魅力を持っている。併せて漫画を通じていろいろなゲームを紹介していくというような漫画であったが、劇中に「マジック アンド ウィザーズ」というカードゲームを登場させてから、その凝った設定が人気を呼び、当該カードゲームを再現した商品の発売を機に大ブームを呼ぶ。

スゴイよねぇ〜〜〜〜〜


このカードゲームの人気は単なる漫画作品の
キャラクターグッズという枠を

超えて突出した人気となり、そのせいで

『様々なゲームを駆使して悪を討つ』という

本来の設定が路線変更を余儀なくされ、

『カードゲームに秘められた古代エジプトの神秘の力を巡る戦い』
へと変遷し、中盤以降はカードゲーム専従の物語が展開するようになった


そのため一部のファンからは『カード王』などと揶揄されることもあったが、テレビゲームをはじめとした関連商品も数多く発売され一時代を築いた。



アニメ化に際し、カードゲームの名称が実在するトレーディング・カードゲーム「マジック:ザ・ギャザリング」に酷似していることから、

アニメおよびキャラクター商品においては名称を「デュエルモンスターズ」

と称した(原作者によると、


カードゲームは「マジック:ザ・ギャザリング」をモチーフにしているとのことであり、実際にルールやゲーム進行等で酷似点が多々認められる)。




コナミを中心に原作に登場する複数のオリジナルゲームが商品化された。


またその中でもカードゲームはトレーディングカードゲームとして商品化され、世界中で人気を博している。



アメリカではポケモンを凌ぐ人気となった。



1998年にはテレビ朝日系で東映アニメーション制作による『遊☆戯☆王』、

2000年にはテレビ東京系でASATSU-DK系列のNAS制作による
『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』、

2004年には同じくテレビ東京系でNAS製作による
『遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX』と三度にわたりアニメ化されている。


テレビ朝日版とテレビ東京版はそれぞれ初代/リメイクの関係になるが、

遊戯王デュエルモンスターズGXについては

高橋和希の原作から離れ、主人公や設定が一新されている。




週刊少年ジャンプでの連載終了後、

「Vジャンプ」にて監修・高橋和希、漫画・伊藤彰として


『遊☆戯☆王R』を連載中。



2004年には全米公開用に制作された


オリジナル長編映画『Yu-Gi-Oh! The Movie』

(邦題:『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ劇場版/光のピラミッド』。




なお日本では英語表記部分等を日本語に補正した改訂版が制作されたが、、、

ロードショー公開はされず、関係者と招待客向けに限定上映され、その後TV放送された)が全米2411館で公開され、

週間興行ランキング4位のヒットとなった
(日本映画の全米トップ5入りは、ポケモン以来)。



Box Officeの2004年年間全米興行収入

ランキングでは1976万ドルで年間100位。



日本の劇場用アニメ映画では歴代3位の興行成績である。


表  人格の武藤遊戯が、

裏(闇)人格である遊戯や親友の城之内克也達との



友情を通じての、成長物語としての側面も持つ。


意外な楽しみが詰まっているアニメだ^^。

posted by kei at 07:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯王他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。