きんぎょ注意報! らんちゅう

『きんぎょ注意報!』

きんぎょ注意報

(きんぎょちゅういほう)は、
猫部ねこが「なかよし」で
1989年-1993年にかけて連載した少女漫画。


通称「きん注」です。




概要

2005年には読み切りの


『きんぎょ注意報!リターンズ』が


なかよしに掲載された。



1991年1月12日-1992年2月29日にかけては
テレビ朝日系でアニメ化され、
土曜日の午後7時から30分間放送されていた。全54回(全108話)。



漫画(原作)


都会育ちの学園に通っていたお嬢様と


田舎育ちの中学校に通う中学生達の文化的落差から生ずる様々な

軋轢を極端なまでに誇張し描いている。



場面によって登場人物がめまぐるしく頭身を変えたり、

駆け足が「渦巻き模様」になったりするなどの演出が特徴的。


人だけではなく、動物のキャラクターも多数登場する。


人と共に授業を受ける牛や豚・鶏が存在したり、


ピンク色の空飛ぶ金魚が存在したりするなどの非現実的な部分と、

スーパーの特売、
貧民パンなどの現実的な庶民的世界観が混在している。


漫画は前半は少女漫画と
ギャグ漫画のギャップで笑いをとるという話が多く、



後半になるにつれ絵、
内容ともにギャグ漫画となっている。



基本的には
少女漫画であるという事さえ意識しなければ、
性別に関係無く楽しめる作品。



ちなみに、ポテトチップスが広く「ポテチ」と

略して呼ばれるようになった経緯にも一役買っている。





アニメ

原作に比べ、アニメ版は若干ギャグが強くなっている。


ただそれ以外はほぼ原作に忠実で、
当アニメで初めて「きんぎょ注意報!」という作品を知り、

きんぎょ注意報!が好きになったという女性ファン、
男性ファンも少なくない。



演出面ではキャラが困った時などに
頭から巨大なしずくマークを出して困っている様子を表現する

という手法をアニメで初めて使用した作品とされており、
後のアニメ作品にも少なからず影響を与えた。


なお、この作品の後を受け継いで放映された同じなかよしの

美少女戦士セーラームーンは原作に比べて、
ギャグ要素が強く押し出され人気を博す事となる

posted by kei at 06:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | きんぎょ注意報!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。