遊戯王 ゆうぎおう とは、あらすじ

遊☆戯☆王

遊戯王 デュエルモンスターズ DVDシリーズ DUEL DVD-BOX2 ~ 風間俊介、斎藤真紀、高橋広樹、 菊池英博 (DVD - 2004)
コチラ遊戯王 

出典: フリー百科事典の遊戯王 から転送

漫画作品 - 漫画家
『遊☆戯☆王』(ゆうぎおう)は、週刊少年ジャンプ(集英社刊)に連載(1996年〜2004年)された高橋和希による少年漫画作品、もしくは、それに基づいたテレビアニメ作品を指す。単行本は全38巻。英語版表記はYu-Gi-Oh!


あらすじ

いじめられっ子のひ弱な少年・武藤遊戯が、祖父から貰った、『千年パズル』と呼ばれる誰も解いたことのないパズルを遂に解いた。そのとき彼は『闇遊戯』と呼ばれる大胆不敵なもう一つの人格と、あらゆるゲーム(遊戯)のスペシャリストという技能を手に入れ、世の中にはびこる悪を、負ければ精神破壊等の恐ろしい罰ゲームが待っている過激なゲームを駆使して退治していく闇の番人となった。だが海馬瀬人ら宿敵達とのカードバトル『マジック&ウィザーズ』対決を経るうちに、闇遊戯は次第に自分の正体が『千年パズルに封印されていた、古代エジプト代18王朝のファラオの魂』であることに気付いていく・・・・・・・・・

かつて遊戯にデュエルで敗北した海馬瀬人が復讐のため、
DEATH-T(死のテーマパーク)計画を実行。

自分の会社を使ってテーマパークを建設し、遊戯達を卑怯なアトラクションで殺そうとする。が、ことごとく失敗に終わり、ついに最終セクション、デュエルモンスターズで決着をつけることに。海馬は財力に物を言わせて強引に収集した、強力な攻撃力を持つレアカード「青眼の白龍(ブルーアイズ・ホワイトドラゴン)」を3枚使用して遊戯を追い詰める。圧倒的な破壊力に成す術のなくなった遊戯は・・・。


VS獏良 モンスターワールド編

不思議な雰囲気を持つ転校生・獏良了(ばくら りょう)は、千年アイテムの一つ「千年リング」を持っていた。遊戯の千年パズルと同じように、千年リングにももう一つの人格が宿っているのだが、その人格は邪悪そのもので、獏良を乗っ取り、苦しめるものだった・・・。何も知らない遊戯達は「もう一人の獏良」に招待されるがままにTRPGゲーム『モンスターワールド』を開始するが、それは闇のゲームで、ライフがなくなったり獏良に逆らえばプレイヤーの魂がゲームのコマに永遠に封印されるというものだった。次々と仲間が封印されていく中、遊戯がとった手段は・・・。

以降のストーリーは、


遊☆戯☆王デュエルモンスターズを参照。


今回はコレで。

何か  発見はあったかなぁ〜^^。
posted by kei at 05:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯王他

遊☆戯☆王 ゲームその他

カードゲーム


劇中に登場した架空のカードゲーム

「マジック&ウィザーズ」を実際の商品としてコナミが発売する

トレーディングカードゲーム。

詳細は「遊☆戯☆王オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ」
 参照。


カードゲーム以外のゲーム

何かにつけてカードゲームのみに注目が言ってしまう

遊☆戯☆王であるが、

劇中にはその他のオリジナルゲームも登場した。


これらはコナミ等のメーカーから実際に商品化されたが、

「デュエルモンスターズ」ほどの人気を得ることは出来なかった。




続きを読む
posted by kei at 10:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯王他

遊戯王カード、天上 探すよ♪


楽しく選んでくださいねぇ〜♪





アニメ第1作「遊☆戯☆王」

1998年4月4日〜10月10日にテレビ朝日系(ただし福井放送は除く)で放映

「遊☆戯☆王」最初のアニメ化作品。

全27話。アニメーションの老舗東映が制作を担当。

基本的に原作の展開をなぞっているものの、
原作の持つブラックな雰囲気を子供向けに緩和したことや、
東映がアニメ版ドラゴンボール等で盛んに行った、
進展調整のためのオリジナルサイド展開等を多く行ったために

原作ファンが離れてしまい、
さらに裏番組に人気番組「ウルトラマンダイナ」→「ウルトラマンガイア」(いずれもTBS系、ただし一部系列局は除く)があったため視聴率が思うよう
に延びず低迷結局獏良了の初登場となる『モンスターワールド編』を最後に
半年の放送で打ち切られてしまった


遊戯や城之内ら主要メンバーに、
原作では1話限りのゲストキャラとして登場した

野坂ミホがレギュラーとして加えられている。

劇中のカードバトルゲーム「マジック アンド ウィザーズ」が

「デュエルモンスターズ」と改称されたのは本作からであるが、

カード裏面のデザインは原作や商品版とは異なる
(原作のマジック アンド ウィザーズの名残で、
「MW」という絵柄だった)。

視聴率に苦しみ半年打ち切りの憂き目にあった本作だったが、
良くも悪くも少年漫画色を出したオープニングは評価が高い
(特に“闇がもう一人の〜〜”のくだりは、
この曲が本作のために制作された歌だと思わせる)。


また、次作の遊☆戯☆王デュエルモンスターズはカードバトルが
主体だったため、

「こちらのほうが遊☆戯☆王らしい」、
「飽きなかった」、「こちらの方がキャスティングがいい」、
という意見も今ではかなり多い。


とのことですねぇ^^。
posted by kei at 04:31 | Comment(0) | TrackBack(1) | 遊戯王他

遊戯王に隠された ビジネスとは

概要


ひ弱な少年、武藤遊戯がクライマックスで千年パズルによって闇遊戯(古代エジプトのファラオの魂が宿った状態)へと変化し、悪辣な不良や暴力団、イカサマを使うテレビマンや悪徳名士などの悪党を次々と過激なゲームで叩きのめす様は藤子不二雄A原作の『魔太郎がくる!!』に通じるダークな魅力を持っている。併せて漫画を通じていろいろなゲームを紹介していくというような漫画であったが、劇中に「マジック アンド ウィザーズ」というカードゲームを登場させてから、その凝った設定が人気を呼び、当該カードゲームを再現した商品の発売を機に大ブームを呼ぶ。

スゴイよねぇ〜〜〜〜〜


このカードゲームの人気は単なる漫画作品の
キャラクターグッズという枠を

超えて突出した人気となり、そのせいで

『様々なゲームを駆使して悪を討つ』という

本来の設定が路線変更を余儀なくされ、

『カードゲームに秘められた古代エジプトの神秘の力を巡る戦い』
へと変遷し、中盤以降はカードゲーム専従の物語が展開するようになった


そのため一部のファンからは『カード王』などと揶揄されることもあったが、テレビゲームをはじめとした関連商品も数多く発売され一時代を築いた。



アニメ化に際し、カードゲームの名称が実在するトレーディング・カードゲーム「マジック:ザ・ギャザリング」に酷似していることから、

アニメおよびキャラクター商品においては名称を「デュエルモンスターズ」

と称した(原作者によると、


カードゲームは「マジック:ザ・ギャザリング」をモチーフにしているとのことであり、実際にルールやゲーム進行等で酷似点が多々認められる)。




コナミを中心に原作に登場する複数のオリジナルゲームが商品化された。


またその中でもカードゲームはトレーディングカードゲームとして商品化され、世界中で人気を博している。



アメリカではポケモンを凌ぐ人気となった。



1998年にはテレビ朝日系で東映アニメーション制作による『遊☆戯☆王』、

2000年にはテレビ東京系でASATSU-DK系列のNAS制作による
『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』、

2004年には同じくテレビ東京系でNAS製作による
『遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX』と三度にわたりアニメ化されている。


テレビ朝日版とテレビ東京版はそれぞれ初代/リメイクの関係になるが、

遊戯王デュエルモンスターズGXについては

高橋和希の原作から離れ、主人公や設定が一新されている。




週刊少年ジャンプでの連載終了後、

「Vジャンプ」にて監修・高橋和希、漫画・伊藤彰として


『遊☆戯☆王R』を連載中。



2004年には全米公開用に制作された


オリジナル長編映画『Yu-Gi-Oh! The Movie』

(邦題:『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ劇場版/光のピラミッド』。




なお日本では英語表記部分等を日本語に補正した改訂版が制作されたが、、、

ロードショー公開はされず、関係者と招待客向けに限定上映され、その後TV放送された)が全米2411館で公開され、

週間興行ランキング4位のヒットとなった
(日本映画の全米トップ5入りは、ポケモン以来)。



Box Officeの2004年年間全米興行収入

ランキングでは1976万ドルで年間100位。



日本の劇場用アニメ映画では歴代3位の興行成績である。


表  人格の武藤遊戯が、

裏(闇)人格である遊戯や親友の城之内克也達との



友情を通じての、成長物語としての側面も持つ。


意外な楽しみが詰まっているアニメだ^^。

posted by kei at 07:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯王他

遊戯王の映画〜♪

ハイ!内容が何だか読めて来たけど。。

映画で遊戯王って見ましたか?

(映画第1作)

1999年公開。東映が制作した劇場用遊戯王の第1作。


テレビ朝日版TVアニメ放送終了の翌年に公開された作品で、スタッフ、キャスト共にテレビ朝日版となっている。


物語は最初の海馬戦の後日談となっており、偶然気弱な少年が入手した

レアカード「真紅眼の黒竜(レッドアイズ・ブラックドラゴン)」を

巡る遊戯と海馬の再戦を描いている。


30分の短編で東映作品らしい健全さが前面に立っているが、

絵柄はTV版に比べて原作の設定に近づき、後のテレビ東京版に近いシャープなものとなっているのが特徴

(カード裏面のデザインが製品版と同じものに変更されていたり、
海馬の髪色がTV版の緑から茶色に変更、デュエル描写も原作に近づく等、
テレビ東京版のプロトタイプ的な作品になっている)。



このままテレビ朝日版が打ち切られなければ、

という『if』を連想させる作品。




Yu-Gi-Oh! The Movie(遊戯王デュエルモンスターズ『光のピラミッド』)



2004年全米公開。

遊戯王デュエルモンスターズのスタッフがアメリカ公開用に製作した劇場版で、

もう一つのピラミッド型千年アイテム『光のピラミッド』を
巡る遊戯達の戦いを描く。

オリジナルストーリーながら映画らしい盛り上がりを持つ
エンタテイメントとなっている。


日本ではタイトルシーンや劇中のカード描写などが日本語版に改訂編集されたものが日本版キャストにより吹き替えられ、
関係者や一部招待ファン向けに上映会が開催されたほか、

2005年1月にテレビ放送された。

この映画に登場したオリジナルカードは、一部を除いて市販化されている。

上映会に参加した人に配布された、

日本語の「ワタポン」のカードは現在でも凄まじいくらいにレートが高く、

ネットオークションでも大抵英語版しか出品されていない。






関連項目
遊☆戯☆王デュエルモンスターズ
遊☆戯☆王オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ
遊☆戯☆王デュエルモンスターズ (コンピューターゲーム)



って知ってたかなぁ〜??

じゃ今日は、、ココマデ^^。

良い夏休みをねぇ〜♪
posted by kei at 05:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯王他
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。