花より男子 DVDについて

花より男子
アニメ
『花より男子』(はなよりだんご)
『花より男子』(はなよりだんご)は、

集英社の月刊少女漫画誌「マーガレット」で


1992年から2004年まで連載された神尾葉子の少女漫画作品である。

単行本全36巻、現在完全版が刊行中。

第41回(平成7年度)小学館漫画賞受賞。


概要

同社発刊の「マーガレット」の屋台骨として、


長年に渡り根強い人気を博したが、

2004年にその連載を終了した。


裕福な生徒の多い学園に何故か紛れて入学してしまった、

貧乏少女の奮闘と恋の物語である。




連載期間が長かった事も有り、

そのファン層の年代は幅広い。日本では映画化、アニメ化、


そしてテレビドラマ化もされ、台湾でも『流星花園(りゅうせいはなぞの)』の題名でテレビドラマ化もされている。


英語表記もそのままMeteor Garden。



2005年9月の時点で発行部数4800万部と

少女漫画歴代2位の売上げを誇っていたが、

日本でのドラマの大ヒットを受け、

同年12月には発行部数を5400万部まで伸ばし、


ついに日本一売れた少女漫画となった。



なお、
2005年12月9日発売の「マーガレット」本誌において、


2006年中に続編を描くことを作者が明言し、


同誌2006年15号(2006年7月5日発売)に読みきり



形式で発表されることになった。





あらすじ


名門の筋やら素封家やらの子弟が入学する事で知られる英徳学園高校に、


何の因果か入学してしまった一般庶民の牧野つくし。


学校はF4(Flower 4―“花の四人組”)を


名乗る道明寺司・花沢類・西門総二郎・美作あきらに牛耳られていた。


F4は世界でも通用するぐらいの大富豪の御曹司。


F4に逆らえる人は1人もいなかった。

ある日、友達を守る為にF4に刃向かったつくしはF4に赤札を貼られ、


学校全体からいじめのターゲットにされてしまう。



しかし正義感の強いつくしは“やられたらやり返す、


それがあたしのポリシー!”


とばかりに立ち向かって行く。



道明寺司は牧野つくしのことを好きになってしまい、


それからはつくし一途でそればかり。




…いじめられ続け騙され続けた牧野つくしの人生が


このF4によって変わり始めた。



激貧の牧野つくし、大金持ちのF4、


この正反対な人達が生み出す恋愛ストーリー。

CDブック

1993年に第一弾発売。以降第三弾まで発売。
その他の作品と異なり、花沢類が主役になっているのが特徴。

実はこれが木村拓哉の声優デビュー作でもある。
キャスト

牧野つくし:横山智佐
花沢類:木村拓哉
道明寺司:西尾拓美
西門総二郎:飛田展男
美作あきら:子安武人
藤堂靜:島津冴子
青池和也:伊崎寿克






実写映画
『花より男子』


1995年、東映・フジテレビ制作・楠田泰之監督・梅田みか脚本。


当時の人気アイドルを主演に迎えた

「ぼくたちの映画シリーズ」第一弾として制作された。



【一般市民(パンピー)】のつくしが【高飛車(タカピー)】の

人間が集う大学に入ってしまい、


F4などとの奮闘記が描かれている。



作品中で道明寺と結ばれ、

ダンスライブ(trfが出演)のエンディングで物語が完結している。

併映作品は金持ちお嬢様が主人公の「白鳥麗子でございます!」で、


内田有紀と松雪泰子(白鳥麗子でございます!主演)を並べて


パンピー・タカピーと対比させた広告が展開された。

キャスト
牧野つくし:内田有紀
道明寺司:谷原章介
花沢類:藤木直人
西門総二郎:佐伯賢作
美作あきら:橋爪浩一
藤堂靜:江黒真理衣
山野美奈子:藤原紀香


テレビアニメ
『花より男子』

1996年9月8日から1997年8月31日まで、

朝日放送・テレビ朝日系列、全51話。制作は東映動画。


各キャラクターの声あてには、本業の声優ではなく実写俳優を起用している。前枠はご近所物語、後枠は夢のクレヨン王国。


スタッフ
原作:神尾葉子(集英社「マーガレットコミックス」刊)
企画プロデューサー:株柳真司(ABC)・堀内孝(ASATSU)・関弘美(東映動画)
製作担当:風間厚徳
シリーズ構成:影山由美
キャラクターデザイン:馬越嘉彦
美術デザイン:行信三/ゆきゆきえ
音楽:大島ミチル
プロデューサー:大野逸雄(ABC)・笹田直樹(ASATSU)・藤岡和実(東映動画)
シリーズディレクター:山内重保
製作協力:東映
製作:ABC・ASATSU・東映(東映動画)

キャスト
※いずれも声の出演。

牧野つくし:持田真樹
道明寺司:宮下直紀
花沢類:山本耕史
西門総二郎:赤井田良彦
美作あきら:望月祐多
藤堂靜:今村恵子
青池和也:家富ヨウジ
松岡優紀:飛松加奈子


花より男子 韓国ドラマ



アニメ映画
『花より男子』

1997年、東映アニメフェア内で上映
テレビドラマ(台湾版)

花より男子 台湾版

『流星花園 -Meteor Garden-』(りゅうせいはなぞの)

2001年、台湾で制作されたドラマ。


日本の地上波テレビでも東京MXテレビなど、ローカル局で放送された。


衛星波(BS・CS)でも、BS日テレとホームドラマチャンネルで放送された。
登場人物や基本的な設定に変更はないものの、

舞台は、原作とは異なり、大学となっている。

(原作では高校)コミックスでは多少原作とは異なるものの、

主に1〜29巻までのストーリーがドラマ化されている。


また、このドラマで登場人物の【F4】を演じた4人がグループを結成し、F4として活躍している。


このドラマの続編として番外編『流星雨』のほかに、

台湾オリジナルとして『流星花園II』が製作されている。

主なロケ地はスペインのバルセロナ。
posted by kei at 06:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 花より男子

テレビドラマ(日本版)『花より男子』より

「流星花園」全24話
第01話 宣戦布告
第02話 お金で買えないもの
第03話 赤札のカップル
第04話 シンデレラのキス
第05話 全てを捨てる女
第06話 二人だけの夜
第07話 真実はひとつ
第08話 帰ってきた男
第09話 裏切りの夜
第10話 守りたいもの
第11話 NY帰りの男
第12話 二枚目の赤札の謎
第13話 命がけの子犬
第14話 定められた道
第15話 恋いしたい女
第16話 広がる心の傷
第17話 素直な気持ち
第18話 二人を包む翼
第19話 幸せへの近道
第20話 冷たい雨
第21話 新たな流星
第22話 つかみとる幸せ
第23話 出口のない愛
第24話 無限の可能性
「流星花園II」全26話
第01話 バルセロナの誓い
第02話 果たされなかった約束
第03話 星君の星
第04話 運命のいたずら
第05話 復讐
第06話 迷宮
第07話 過去への疑惑
第08話 それぞれの旅立ち
第09話 誰かが愛してる
第10話 受け取り手のないケーキ
第11話 再会
第12話 さよなら愛しき人
第13話 彼女に残された時間
第14話 仕組まれた婚約
第15話 最後の賭け
第16話 大切な人のために
第17話 あの頃のように
第18話 素直になれなくて
第19話 ゆがめられた真実
第20話 新たな葛藤
第21話 再び雨の中で
第22話 優しい嘘
第23話 悲しい真相
第24話 君を守る
第25話 心の距離
第26話 約束の場所へ
「流星雨」
第1話 美作あきら編(ヴァネス)篇
第2話 西門総二郎編(ケン)篇
第3話 道明寺司(ジェリー)篇(上)
第4話 道明寺司(ジェリー)篇(下)

テレビドラマ(日本版)
『花より男子』より

2005年秋季(10月〜12月)にTBS系金曜ドラマ枠
(金曜日22:00〜22:54)で放映。

10月21日スタート、12月16日終了。

秋クールNo.1ヒットとなり、

また平均視聴率も2005年放送全ドラマの中で4位を記録した。



原作が全36巻でエピソードが豊富なのにもかかわらず
全9回しかなかった。

一説には当初制作予定だった『のだめカンタービレ』が

原作者の意向を無視したキャスティングを行った事から

原作者の怒りを買い、
制作中止になった事で急遽制作されたとも言われているが真相は不明である

(前番組『ドラゴン桜』の特別編はその繋ぎだとも言われている。

尚『のだめ〜』は
2006年10月16日よりフジテレビ系月曜21時枠で放送が決定)。


その為消化不良の面は否めず、
ファンの間からは早くも、スペシャルやパート2を望む声が高まっている。


(視聴率は関東地区・関西地区)なお、

最終回の裏番組は本田美奈子.にまつわるドキュメント番組だった。


なお、今作品で脚本を手掛けているサタケミキオは
俳優の宅間孝行であり

加藤貴子演じる団子屋の女将・千石幸代が
『かつて愛した男』としても出演している。



ちなみに、「JUNON」では、

松本潤に対する取材、撮影が禁じられているため、
松本を除いて「F3」という形で取材を行った。


しかし、

ついに視聴者の声が届いたのか、来年(2007年)の1月

クールで復活することになった。

続編は、番組ホームページで見たい原作のエピソードを募るなど、

視聴者参加型となる。

posted by kei at 04:48 | Comment(0) | TrackBack(1) | 花より男子

『花より男子』の紹介

『花より男子(だんし)』


12月9日放送バク天


スペシャルのレイザーラモンHGの企画。



レイザーラモンHG・

松本潤主演の『花より男子(だんし)』を
放送するためドラマの撮影裏に潜入。


松本潤の必要な音声と映像を

巧みな作戦により収録。松本とHGのキスシーン(?)HGを後ろから

抱きしめる(?)など。

あとはドラマ本編と収録映像、HGの映像をつなげて完成。


あまりにも編集が上手だったので松本は呆れ

ながらも驚いていた。


その後HGは
みのもんた演じる社長にお茶を

出す社長秘書役として本編にも出演していたが、

手元と後ろ姿が映っただけで顔は映らず、

セリフなし、スーツ姿での出演だった。

「バク天」内では収録光景が放映され、

スーツ姿にHGの帽子とサングラスという格好で、

視聴者を爆笑させた。

タグ:花より男子
posted by kei at 04:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 花より男子
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。