きんぎょ注意報! らんちゅう

『きんぎょ注意報!』

きんぎょ注意報

(きんぎょちゅういほう)は、
猫部ねこが「なかよし」で
1989年-1993年にかけて連載した少女漫画。


通称「きん注」です。




概要

2005年には読み切りの


『きんぎょ注意報!リターンズ』が


なかよしに掲載された。



1991年1月12日-1992年2月29日にかけては
テレビ朝日系でアニメ化され、
土曜日の午後7時から30分間放送されていた。全54回(全108話)。



漫画(原作)


都会育ちの学園に通っていたお嬢様と


田舎育ちの中学校に通う中学生達の文化的落差から生ずる様々な

軋轢を極端なまでに誇張し描いている。



場面によって登場人物がめまぐるしく頭身を変えたり、

駆け足が「渦巻き模様」になったりするなどの演出が特徴的。


人だけではなく、動物のキャラクターも多数登場する。


人と共に授業を受ける牛や豚・鶏が存在したり、


ピンク色の空飛ぶ金魚が存在したりするなどの非現実的な部分と、

スーパーの特売、
貧民パンなどの現実的な庶民的世界観が混在している。


漫画は前半は少女漫画と
ギャグ漫画のギャップで笑いをとるという話が多く、



後半になるにつれ絵、
内容ともにギャグ漫画となっている。



基本的には
少女漫画であるという事さえ意識しなければ、
性別に関係無く楽しめる作品。



ちなみに、ポテトチップスが広く「ポテチ」と

略して呼ばれるようになった経緯にも一役買っている。





アニメ

原作に比べ、アニメ版は若干ギャグが強くなっている。


ただそれ以外はほぼ原作に忠実で、
当アニメで初めて「きんぎょ注意報!」という作品を知り、

きんぎょ注意報!が好きになったという女性ファン、
男性ファンも少なくない。



演出面ではキャラが困った時などに
頭から巨大なしずくマークを出して困っている様子を表現する

という手法をアニメで初めて使用した作品とされており、
後のアニメ作品にも少なからず影響を与えた。


なお、この作品の後を受け継いで放映された同じなかよしの

美少女戦士セーラームーンは原作に比べて、
ギャグ要素が強く押し出され人気を博す事となる

posted by kei at 06:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | きんぎょ注意報!

らんちゅう  金魚注意報〜♪

ストーリー 


藤ノ宮千歳は都会の学園に通うお嬢様だったが、


父親の死により財産を失い、
唯一家宝であり幸運を呼ぶピンクの空飛ぶ金魚のぎょぴちゃんだけをつれて

田舎ノ中学に転入することとなる。


その田舎ノ中学は廃校寸前の貧乏中学で、

牛や鶏などの家畜を飼育しているほどの田舎の中学とその中学に通う
奇妙にエネルギッシュな生徒達という環境に、
これまでの生活との激しいギャップを感じる千歳。


しかし、

ひょんなことから弁護士である田中山が父親の遺産をくすねていた事が発覚

し、

千歳は田中山から遺産を取り戻す事に成功する。


短い期間ながら田舎ノ中学とその生徒とに情が移っていた彼女は、


財産を取り戻しても都会ノ学園に戻ることなく


私財を投じて田舎ノ中学を建て直して新・田舎ノ中学とし、


その理事長兼生徒会長となった。

新・田舎ノ中学を都会ノ学園にまけないハイソサエティな学校にしたい

千歳だったが、田舎ノ中学の生徒は相変わらずで、
手を焼く毎日を送るのだった。




登場人物


わぴこ(声:かないみか)

いつも元気いっぱいで、
そこらかしこを走り回っている中学2年生の女の子。

新田舎ノ中学校に制服はないはずなのだが
学校へ来る時は常にセーラー服を着ている。



ピンク色の髪の毛を正面向かって右側でちょこんと結っており、

容姿は中学2年生とは思えない位幼い。


しかし走れば自動車よりも速く、
記憶力は抜群、さらには動物達と会話をする事も出来るという

凄い能力の持ち主なのである。


それでいて性格は極めて純粋で、失敗をしても決してくじけない
前向きさと明るさ、

人・動物関係なく誰とでも仲良くなれる人懐っこさを持ち合わせている。

「はよ〜ん」や「ばいび〜」「〜だよん」といった独特の口調で喋り、


ぽてち・キャルメラといったお菓子類や焼きそばパンが大好き。
誕生日は3月3日、

将来の夢は「郵便屋さんのペンギンになる事」である。


なお生徒会では書記を務めている。




ぎょぴ(声:松島みのり)



藤ノ宮家に先祖代々伝わる
時価数億円の金魚。



名前はピンクのきんぎょだから


空も飛べるし、淡水魚なのに海でも泳げる、
まさにスーパーきんぎょなのである。


飼い主は一応千歳だが、普段はわぴこと一緒にいる方が多い。

ぽてちが大好物。




藤ノ宮千歳(声:高田由美)

新田舎ノ中学校の理事長兼生徒会長。



かつては都会ノ学園に通っていたが、金持ちでなくなったという理由で
追い出される。

その後、都会ノ学園に対抗するため、

廃校となるはずだった田舎ノ中学を数百億円もの父の遺産で再興した。


わがままなお嬢様で気に入らないことがあるとすぐに
理事長命令という名目で生徒たちに圧力をかけるが、

いつも最後にはわぴこたちに説得され容認する羽目に。



しかし
自ら販売を禁止した焼きそばパンを食べて「美味しい」と評するなど、

それ程庶民的なものが嫌いな訳でもなさそうである。

愛称は「ちーちゃん」。




北田秀一(声:塩屋翼)

校内一の成績。


医者の息子である。
生徒会の予算にいつも頭を悩ませている。
葵(声:飛田展男)


校内一の不良少年。


学校をしょっちゅうサボり、
バーゲンにいく。バーゲンには目がない。これを不良の基礎としている。


校長先生(声:宮内幸平)

新田舎ノ中学校校長。
頭に謎の触覚を持っていて、それにより

(?)カタツムリと言葉を交わすことができる。


あだ名の生徒名簿を作ったり、


全校集会での「校長先生の話」でウケを狙って芸を披露してみたり、


遠足で都会ノ中学校の敷地内に勝手に入り率先して缶蹴りを始めたり



とユニークな行動が目立つ人物。




しかし、
校長らしく真面目に教育について考えている面も時々見せる



ドクター大橋と警ちゃんとは仲の良い友達で、

2人には「校ちゃん」と呼ばれている。

得意技は「ぎょーざ!」(耳を折り曲げた格好が餃子に似ている)

菅平由梨香(声:潘恵子)
田中山(声:掛川裕彦)
ドクター大橋(声:平野正人)
文太(声:浦和めぐみ)
三太(声:中友子)
朱子(声:國府田マリ子)
生徒の1人。数学がいつも0点らしい。
溝口先生(声:小林俊夫)
先生とは思えないほど背が低い。千歳のママに初めて声をかけられたときには、「ねぇぼく〜職員室はどこ??」といわれている。
海野民子(声:三浦雅子)
北田秀一に想いを寄せている。かなり賢いほうで、学校でもトップクラスの成績。好きな料理かつ得意な料理は冷ややっこ。
千歳のママ(声:吉田理保子)
病弱。と自分で言っている割には、しょっちゅう新田舎ノ中学を訪問し、悪さばかりする。
ミーコ(声:瀬戸真由美)
イナちゃん(声:中友子)
ウシ子(声:瀬戸真由美)
不良牛(声:掛川裕彦)
ウシ美(声:原えりこ)
不良牛たちのアイドル。秀一に片想いしている。民子とはライバル関係にあたるが、バレンタインデーにはチョコレートを合作して一緒に渡そうとしたりと仲が良い。
マイケル(声:菊池正美)
タカピー(声:松野太紀)
警ちゃん(声:茶風林)
posted by kei at 00:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | きんぎょ注意報!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。